木材のよさを学ぶ 木育.jp
サイト内検索
特定非営利活動法人 活木活木(いきいき)森ネットワーク
木育の理念と目的 事例の紹介 施設・ツールの紹介 コミュニティ 質問対応 リンク集
木育がなぜ今必要か
木育で何を目指すのか
木育はどのように進められるか
Step1 触れる活動
Step2 創る活動
Step3 知る活動
「木育」はどのように進められるか
 「木育」は、様々な世代を対象とする活動であり、対象者によって、その内容が異なることから、段階的な取組(ステップ・バイ・ステップの取組)を行うことが大切である。

具体的には、
ステップ1  触れる活動「触れ、感じる」
ステップ2  創る活動「創り、楽しみ、学ぶ」
ステップ3  知る活動「知り、理解し、行動する」
 の3段階の活動を段階的に進めることで、様々な素質を持った人間を、あたかも花が開くように育むことができる(下図参照)。

 なお、「木育」を進めるにあたっては、対象者の年齢や知識にあわせて、ステップ1、ステップ2、ステップ3で活動内容が異なるため、対象者に応じたパターン分け(例えば、幼児用、児童用、社会人用等)をすることが必要である。
 また、今回提示する各ステップは、基本的な流れを示すものであり、対象者の木材に対する認識や理解度に応じて、初期段階のステップを省略したり、ステップの順序を組み替えることも想定される。
イメージ図
Copyright (C) 2007-2014 NPO法人 活木活木(いきいき)森ネットワーク ALL Rights Reserved.